用途別!レンタルサーバーの選び方と比較表 – 無料サーバーのデメリットも解説

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
レンタルサーバーの選び方

テンプレートを使ってホームページを公開するためには、レンタルサーバーが必要になります。

今後、仕事で使っていくつもりの人やネットショップ運営など、本格的にビジネスで利用する方は迷わず、有料のレンタルサーバーを選んでください。

一方、あくまでも趣味やサーバーにかける予算がない人は、無料のレンタルサーバーから借りてみるのも一つの方法ではありますが、novは正直、おすすめできません。

なぜなら、サイト運営に慣れてくるとやはり無料ではやりたいことが出来なくなり、物足りなくなるからです。

また、人気のWordPressなどは基本的に有料のレンタルサーバーでしか使えませんし、将来的にはPHPやCGIなどのプログラムを使って、さらにサイトの表現を広げたくなったりするかもしれません。

結局、アフィリエイトなどビジネス目的などでサイトを運営するなら独自ドメイン+広告なしの有料レンタルサーバーは必須になります。

サイト管理人nov

15年以上前から様々なレンタルサーバーを使ってきた私が、様々な角度から比較&検証しています。これからどのレンタルサーバーを利用しようか迷っている方の手助けになれば幸いです。

目次

無料のレンタルサーバーはズバリ「ムダ」になる可能性が高い

最初はまず無料から・・・なんて話はもう昔の話です。

何でもそうですが、昔と違って今は簡単に無料でサービスを受けられなくなってきています。

その中でもレンタルサーバーはまだ多少、無料で利用できるサーバーもありますが、やはり大手以外は徐々に数が減ってきていますね。

個人レベルで運営していた無料のレンタルサーバーは、昨今の物価や光熱費の上昇でどんどん閉鎖されています

その他に無料サーバーのデメリットを挙げてみると…

無料サーバーのデメリット
  • 無料なので当然【広告】が入る
  • 基本、独自ドメインが使えない
  • DBが使えない所が殆どなので、WordPressなどが使えない
  • 有料に比べると表示も遅くトラブルも多い
  • 急にサービスが終了し、サイトが消える可能性もある

特に最後のデメリットである、サーバーが閉鎖されたらそこで終了…というのは本当に最悪です(T_T)

何とか別の無料サーバーに移行できたとしても、ドメインが変わるので、今まで検索結果で上位表示していたページはネット上から削除され、SEO対策は最初からやり直しです。。

こんな無駄なことはありません。

だったら最初から低価格帯でもいいので、有料のレンタルサーバーを利用するのが結局、一番ムダがなくお得だという結論になりますね。

また最初に書いたように、無料サーバー全体の数が減ってきているので、今後はもう有料のレンタルサーバーがスタンダードになってくると思います。

逆に有料レンタルサーバーにはメリットしかないワケ

有料レンタルサーバーを使うということは金銭的には確かに負担はかかりますが、それ以上のメリットがたくさんあります。

最近では月に1000円以下のレンタルサーバーも増えてきているので、金銭的負担といってもたかが知れています。また独自ドメインを使うことによって、本当の意味での自分だけのオリジナルサイトが完成します!

そんな有料レンタルサーバーのメリットとデメリットを考えてみました。

有料サーバーのメリット
  • 煩わしい広告がない
  • PHPやCGIなども使い放題(サーバーのプランによる)
  • WordPressやMovable Typeなどが使える
  • サーバー間の引越しも可能(独自ドメインで運営しているサイトのみ)
  • 自分だけのオリジナルメールアドレスが持てる
  • 有料は容量も豊富なので動画や画像もどんどんアップ可能
  • サーバーのスペックが高いので、サイトの表示速度が早い
  • 何かトラブルが起きてもサポートが充実しているので安心

ザッと挙げただけでもこれだけのメリットがあるので、文句なく有料のレンタルサーバーの勝ちですw

有料サーバーのデメリット
  • 有料なのでコストがかかる
  • 最初のうちは操作に慣れが必要

これくらいです。正直、デメリット言うほどのものはなにもありません!

実際、novも有料と無料と両方のレンタルサーバーを使っていますが、割合にしたら9対1で圧倒的に有料のレンタルサーバーを使っています(昔は少し使っていましたが、今は無料サーバーは放置で10割有料ですw)

やはり独自ドメインを使えるというのは非常に大きいです。ビッグキーワードで上位表示しているサイトの殆どが独自ドメインを使っているという事実があります。

また、有料のレンタルサーバーでは独自ドメインを使うのが基本ですが、多くの人がXserverドメインなどでドメインだけ購入し、別にレンタルサーバーを借りてサイトを運営しています。

ただ、ドメインレジストラ(ドメインを販売しているところ)と同じ運営会社のサーバーを借りれば、面倒な設定が必要なく、スグにサイトを公開できるので、初心者の方やドメインのDNS設定が面倒な方にはオススメです。

具体的には

これらの組み合わせでドメイン+レンタルサーバーを借りると、面倒な設定がかなり省かれ、最短でホームページが立ち上がるので便利です(^o^)

全サーバー所有経験済のnovが各レンタルサーバーを比較してみた

それではまず、各レンタルサーバーを比較する前に、当サイトでご紹介しているサーバー全てに標準で付いている機能についてまとめます。

全サーバー無制限&標準装備
  • データベース(MYSQL)
  • マルチドメイン
  • メールアカウント作成数
  • WordPress簡単インストール
  • 無料SSL
  • WordPressセキュリティ設定

マルチドメインとは、一つのレンタルサーバーで複数のドメインを管理し、それぞれのドメインで違ったHPを公開できることをいいます。例えばaaa.comというドメインとbbb.netというドメインをを持っていたら、aaa.comにはダイエットのサイト、bbb.netにはファッションのサイトとそれぞれ別のサイトを一つのサーバーで公開できるので、長い目で見ると非常にコストパフォーマンスに優れています。

上記のような機能は、なかなか低価格帯のレンタルサーバーで付いていません。

結局安いサーバー(月500以下)を借りても、最終的にはサーバーを移行orスペックアップすることになるので、最初からある程度の費用(※当サイトでご紹介してるサーバーは、平均月1,000円前後)をかけておいた方が、後々面倒なことにならずラクです【経験済

ちなみに今回比較しているサーバーのプランは以下の通りです。

全社ミドルスペックのサーバーを比較しています。
エックスサーバー

スタンダードプラン【12ヶ月以上の契約&自動更新有効化で、契約中は独自ドメイン2個が永年無料!

ConoHa WING

ベーシックプラン【WINGパック契約で、契約中は独自ドメイン2個が永年無料!

ロリポップ

ハイスピードプラン【12ヶ月以上の契約で、契約中は独自ドメイン2個が永年無料!

お名前.com レンタルサーバー

一種類のみ提供(レンタルサーバー RSプラン)【12ヶ月以上の契約で、契約中は独自ドメインが永年無料!

mixhost

プレミアムプラン(アダルト専用サーバーも同様)【サーバー契約で独自ドメインが1年無料!

シン・レンタルサーバー

ベーシックプラン【契約中は独自ドメイン永年無料!

カラフルボックス

BOX2プラン(アダルト専用サーバーも同様)【12ヶ月以上の契約で、契約中は独自ドメインが永年無料!

スターサーバー

ハイスピードプラン【契約中は独自ドメイン永年無料!

コアサーバー

V2プランのCORE-Y【契約中は独自ドメイン永年無料!

ヘテムル

一種類のみ提供

各機能別レンタルサーバー比較表

では次に、様々な機能に関してレンタルサーバーを比較していきます。

スクロールできます
比較サーバー・機能ディスク容量転送量制限サーバー仕様自動バックアップアダルトサイト
エックスサーバー300GB
(NVMe SSD)
無制限nginx過去14日
ConoHa WING300GB無制限nginx過去14日
ロリポップ500GB無制限LiteSpeed無料
お名前.com400GB無制限nginx過去14日
mixhost無制限無制限LiteSpeed過去14日
シン・レンタルサーバー300GB
(NVMe SSD)
無制限nginx過去14日
カラフルボックス300GB
(アダルト400GB)
無制限
(アダルト月/18TB)
LiteSpeed過去14日
スターサーバー320GB無制限nginxなし
コアサーバー600GB
(NVMe SSD)
無制限LiteSpeed過去15日
ヘテムル500GB40TB/月Apache有料

料金等、金額・サービスに関する比較表

スクロールできます
比較サーバー・機能初期費用月額料金サポート体制無料お試し期間備考
エックスサーバー0円1,100円~チャット
メール・電話
10日間キャンペーンによる価格変動あり
ConoHa WING0円990円~チャット
メール・電話
なしキャンペーンによる価格変動あり
ロリポップ0円550円~チャット
メール・電話
10日間各キャンペーンあり
お名前.com0円800円~チャット
メール・電話
最大2ヶ月キャンペーンによる価格変動あり
mixhost0円990円~チャット・メールなし
30日間返金保証アリ
割引クーポンあり
シン・レンタルサーバー0円770円~メール・電話10日間キャンペーンによる価格変動あり
カラフルボックス0円1,166円~チャット・電話
メール・LINE
30日間割引クーポンあり
初回割引アリ
スターサーバー0円550円~メールのみ2週間キャンペーンによる価格変動あり
コアサーバー1,650円
無料条件あり
990円チャット・メール30日間キャンペーンによる価格変動あり
ヘテムル0円1,100円~
※36ヶ月契約時
チャット
メール・電話
10日間期間限定キャンペーンアリ
※料金は全て税込価格
※月額料金は年払い価格

全サーバーを利用したのnovが厳選したレンタルサーバーはこの2つ!

当サイトで紹介しているレンタルサーバー全てを利用したnovが、今追加で借りるならこの2つのサーバーにする!という意味で決めました(^^)

ネットショップ専用のレンタルサーバーをお探しの方へ

ネットショップをやってみたい方はこちらの専用のレンタルサーバーが一番!ECサイト構築に特化したレンタルサーバーだから初心者でも簡単にネットショップを開業できます。さらにクレジットカード決済などのオプションも充実していますので本格的なネットショップがすぐ構築できます。

一応、普通のレンタルサーバーでもWordPress+WooCommerceでECサイトを作ることができますが、やはりクレジットカードなどを扱うので、セキュリティ面に不安が残ります。

その点、ネットショップ専用のレンタルサーバーならECサイトの一番の悩みといってもいいセキュリティ面は心配無用!

もちろん万が一何かトラブルが起きても専用サーバーならサポートが充実しているので、自分はECサイト運営だけに注力できるのも大きなメリットです。

確かにWordPress+WooCommerceは低コストでECサイトを構築できますが、結局トラブルが起きたら自分ひとりで解決しなければいけません。。

それなら最初からネットショップ専用のレンタルサーバーを利用したほうが遥かにランニングコストは低くなると思いますよ(^o^)

ネットショップ専用サーバーも最近は増えてきていますが、やっぱりここは老舗の安心感を第一に考えて、以下のサーバー一択と考えています。

もちろん独自ドメインも利用可能です!

レンタルサーバーの選び方 – まとめ

レンタルサーバーというのはただ価格が安いだけで判断するものではありません。安いところはやっぱりメンテナンスも多く、急なトラブルも発生します

そして何よりサーバー時代が貧弱なので【サイトの表示スピードが遅い】のが、運営者にとって致命傷になるのです。

Googleが公式でも発表しているように、サイトの表示速度が遅いと検索順位の低下に繋がります。。

特に今主流であるWordPressだと、低価格帯のサーバと、今回ご紹介したようなサーバーでは、明らかにサイトの表示スピードが違います。

要は自分のサイトがどんなサイトなのか、個人のサイトなのか、ビジネスのサイトなのか、売上を出すサイトなのか、など様々な要素が絡んでくるとサーバー選びというのは各々変わってきます。

nov個人的推しサーバー

この辺を選択しておけば間違いありません。

目次